logo
Home

リチャード1世 登場 映画

リチャード2世( Richard II, 1367年 1月6日 - 1400年 2月14日)は、プランタジネット朝最後のイングランド王(在位:1377年 6月22日 - 1399年 9月29日)。. 召喚直後に戦闘を行い、撃退した相手。生前「山の翁」と縁があったため一目で彼女が「山の翁」の関係者であることを見抜いた。 ランサー 1. レンジ:1〜99 4.

容姿はまだ若く、10代後半から20代前半ほどの青年。金髪に赤毛混じりの髪で、「古い西洋の貴族、ないし王族」とわかる荘厳な装束に身を包み、瞳は獣のように爛々と輝いている。 人の上に立つカリスマ性と包容力を持ちながらも、悪童めいた稚気と悪戯心も同時に併せ持っている。故国の祖王たるアーサー・ペンドラゴンを敬愛しており、騎士道を重んじる騎士でもある。 彼の「アーサー王伝説」への敬愛っぷりは異常なほどであり、なにかにつけて騎士王と円卓の騎士たちを讃えるため、読者はおろか遭遇した敵対勢力にも真名を看破された。 ちなみに音楽も大好きで、現代の音楽や楽器、映画などを鑑賞した際は「受肉して数々の音楽を座に持ち帰ろうか」とまで言うほど。特にロックミュージックがお気に入りらしい。 騎士道を重んじながらも破天荒な性格が災いし、2巻では警察に逮捕され、集まった野次馬の前で演説を行い、挙句その姿がテレビで生中継されるという暴挙をしでかし、他のマスターやサーヴァント、及び読者の度肝を抜いた。 また、彼の正体を知らない第三者の仕業ではあるが、エレキギターを演奏している姿を動画共有サイトにアップロードされ、海を越えた時計塔の魔術師たちも仰天させている(ちなみにロード・エルメロイⅡ世からはギターの腕前を評価された)。. 6巻で馬に騎乗した騎兵槍を所持する騎士であることが判明した。 3. See full list on typemoon. セイバーを除く六騎しか存在しないはずの偽りの聖杯戦争に姿を表した「七騎目」のサーヴァント。 2. ロクスレイ 1. 故国の祖王たるアーサー・ペンドラゴンを敬愛しており、騎士道を重んじる騎士でもある。 6. リチャード1世 登場 映画 現代音楽を聴いて大興奮したり、エレキギターを弾いて楽しんだりと音楽好きな一面を見せているセイバー。 2. 獅子心王ことイングランド王リチャード1世(在位1189~1199)が自身の剣に伝説のアーサー王の愛剣と同じエクスカリバー” Excalibur ”と名付けていたという説が広く知られている(注1)。本当だろうか?結論から言うとリチャードが持っ.

嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー四世 part1の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。シェイクスピアの戯曲を基に、英国. 従属する七つの魂の一人。魔力を入れると馬を出してくれるらしい。 2. 嘆きの王冠 ホロウ・クラウン リチャード二世の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。シェイクスピアの戯曲を基に、英国の. このような恐怖による支配は長続きしない。悪事に加担してよく働いたバッキンガムさえ、最後には厄介払いされた。反抗勢力が立ち上がり、リッチモンド伯の軍勢が押し寄せてきていた。リッチモンド伯は正義と復讐のために神の加護を祈り、リチャード3世に陣営の近くまで迫った。 いよいよ決戦という前の夜、両陣営首領のテントに殺された人々の亡霊が現れる。殺された人の数が多いので、シェイクスピアの劇でも亡霊の数が一番多いのではないか。両首脳の枕元に次々現れる10人近い亡霊らは、グロスターには地獄落ちの呪いを与え、リッチモンドに祝福を送った。. セイバー以外の六騎しか存在しないはずの「偽りの聖杯戦争」に姿を表した「七騎目」のサーヴァント。 「偽りの聖杯戦争」最後のサーヴァントにして「真なる聖杯戦争」最初のサーヴァントとなるはずの存在で、「偽り」と「真実」を併せ持つ橋渡しとなる英雄らしい。 スノーフィールドのオペラハウスでアヤカ・サジョウの前に姿を表した謎のサーヴァント。 彼女に自分のマスターかを問いかけるが、彼女からは激しく拒絶されて困惑する。しかし理由は不明ながら彼女と魔力供給のパスが繋がった為、マスターでなくとも一方的に保護対象とする宣言をした。. .

嘆きの王冠 ホロウ・クラウン リチャード二世の映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全2件。評価3. 史実におけるリチャード一世も音楽好きであり、お気に入りの吟遊詩人とともに詩を詠い合ったり、「囚われ人は決して(Ja nus hons pris)」という単旋律歌曲を作ったという逸話が残されている。また彼の伝説には、幽閉されたリチャードの安否と捕囚場所を知るため、捕えられた城壁の下でお気に入りの吟遊詩人が王の好きな歌を歌い、彼が歌い返すことでその場所を教えたというものがある。なにかと音楽に関するエピソードが多い英雄である。 3. 戦前戦中のイギリスに舞台を移しての「リチャード三世」の映画化です。 もう冒頭のリチャードの登場から笑撃です。 戦車、映画、ナチなんでもありの世界(当然リチャードは某独裁者w)。 原作を知っている人、ww2に造詣の深い方は十分に笑い楽しめます。. アヤカ・サジョウ 正確にはマスターでは無いが、彼女から魔力を供給されている為、保護対象としている。 アーサー王 尊敬する偉大なる騎士王。祖国の英雄として大ファンであり、生前は騎士王の遺産を求めて冒険したほど。その果てに伝説上で失われた筈の聖剣の鞘を発掘、鞘と同じ装飾の箱を用意し収めたのち、王に所縁のあるコーンウォールの地へと埋葬した。 それこそが後年、アインツベルン家によって発見され、第四次聖杯戦争で用いられた騎士王の触媒であり、いつか理想郷にたどり着く自分ではない誰かと王の縁を繋いだことを彼は知らない。 サンジェルマン 生前遭遇した奇妙な男。不可解で意味深な言動が多い道化師。 彼を知り詐欺師と宣う者たちとの話題に上がった際、「あいつは詐欺師じゃなくグランド奇天烈木っ端貴族だ」と称している。 リチャードがなり得たであろう剪定事象について何か知っているようだが. リチャード一世が在位中のイングランドは金欠に悩んだというが、その最たる理由が第三回十字軍である。 リチャード1世 登場 映画 2.

なお、コニャック城は後にフランス王フランソワ1世(1494年生)の生誕地として知られることになる。 1199年4月6日、父リチャード1世がリモージュ副伯アデマール5世” Adémar V de Limoges”の反乱の渦中で流れ矢に当たって亡くなった。. お久しぶりです。 最近、スマートフォン向けストラテジーゲーム、Rise of Kingdoms(通称ライキン)というゲームにめっぽうハマっておりまして そこに登場する人気キャラクター、リチャード1世について書いていこうかと思います。 ※なお、筆者はhtml編集のやりかたとかまーじでなんも覚えてい. 母親の作り話をずっと覚えていたようで、「出会ったら話にあったように掴んで振り回してエクスカリバーにしたい」などとフォウが喜びそうなとんでもない事を口走っていた。 ジョン・ウィンガード 1. アヤカ・サジョウ 1.

『 リチャード・ジュエル 』( Richard Jewell )は、 年 の アメリカ合衆国 の 伝記 ドラマ映画 。 監督は クリント・イーストウッド 、主演は ポール・ウォルター・ハウザー と サム・ロックウェル が務めた。. 12世紀末、獅子心王、"ライオンハート"を持つ王として世界を恐れさせ、勇気づけた男がおります。 戦場にかけたその力とプライド。 中世に咲いた"騎士道の花"、その名はイギリス国王リチャード1世です。 リチャード1世とはどんな人 リチャード1世の年表 骨肉の同族争い リチャード1世の若い. 優れた弓の射手であり、影から毒を塗った矢を放ち、セイバーのサポートを行う他、結界化された森を迷うことなく中心へ案内する特殊な能力も有する。 3. 「その出で立ちと感じた力の流れ. 呼び出せる数はマスターの魔力量や召喚される土地によって変化するが、『strange fake』においては七つの魂を従属させている。現在名前が確認されているのは「ロクスレイ」、「ウィリアム」、「ピエ. もしかして山の翁・・・に連なる者か?」.

? ブラダマンテ シャルルマーニュ十二勇士の一人で、同じく円卓ファン。ただし生前の縁はなし。 リチャード1世 登場 映画 マンドリカルド 生前の面識はないが、似た宝具を有するもの同士。(オリジナルに類する力を贋作で振るう) かつてを振り返って自己嫌悪から陰キャになった彼に対して、リチャードは根っからの陽キャである。 母親 幼い頃から何でもできてしまうがゆえの悩みを抱えていたリチャードを諭し、後の人格形成に大きく関わった。記憶を垣間見たアヤカ曰く美人だが、怒ると非常に怖くリチャードも頭が上がらなかった模様。円卓の騎士を筆頭に数々の英雄譚をリチャードに読み聞かせ、彼を英雄ファンにさせた元凶ともいえる。 弟 血を分けた兄弟だが、リチャードを奸計に掛け王座簒奪を企むなど仲は良好では無かった様子。 セイバー自身は自身の負の側面を彼の治世に押し付けてしまった形になった事を反省している。 6巻では無茶をするリチャードがアヤカからの静止を受けて回想する形で、「自分と違って貴方は英雄なのだから、兄の代わりに石を投げられる愚かな私を笑えばいい。」と兄の光に隠れる様を嘆く姿が描かれた。 ジョンという名に縁があるという彼の言から、この人の事だと思われる。. . シェイクスピアの「リチャード3世」は悲劇というよりほぼホラー映画である。せむしの不具者だが残虐極まるグロスター公は、地獄の悪魔に取り憑かれたかのような陰謀を張り巡らし、次々に邪魔者を排除していく。悪役もここまで来ると現代のシリアル・キラーのようだ。 この劇はイギリスの時代劇なので歴史に基づいている。登場人物が多く血縁関係がややこしい。なのでそこはもう理解しようとしなくてもいいから、とりあえずざっと読んでみよう。複雑な人間関係は置いといても、ホラーとして楽しめる悲劇だから面白いはず。. リチャード1世/Richard I(1157年9月8日~1199年4月6日) プランタジネット朝第2代のイングランド国王(在位1189年~1199年)。フランス王臣下のノルマンディー公、メーヌ伯、アンジュー伯、アキテーヌ公でもあり、フランスの半分を領有していた。 嫡子はなく、末弟ジョンが王位を継いだ。 勇猛さから獅子心王(ライオンハート)と渾名される。 父:ヘンリー2世(アンジュー伯アンリ) 母:アリエノール(エレオノール・ド・アキテーヌ) リチャード1世 登場 映画 兄弟姉妹 長兄:ウィリアム(夭折した) 次兄:ヘンリー(若ヘンリー王) 長姉:マチルダ(ハインリヒ獅子公妃) 長弟:ジェフリー(ブルターニュ公ジェフロワ2世) 長妹:エレノア(カスティーリャ王妃) リチャード1世 登場 映画 末妹:ジョーン(シチリア王妃) 末弟:ジョン(ジョン欠地王) 妻:ベレンガリア(ナバラ王女).

12世紀に名をはせたイングランド王・リチャード1世は戦争と冒険に明け暮れた獅子心王とも呼ばれ、騎士の模範と称えられた人物ですが、後世に. Fateシリーズにおいて、ステータスが判明しているサーヴァントでは初めての「敏捷EX」保有者。 韋駄天と称されるギリシャの大英雄や、狂化によって底上げされたクランの猛犬、NOUMINでさえA+であり、それ以上となると剣術無双のA++がこれまで最上であった。 リチャードの速さは彼等とは性質が違っており、平時ではB相当とそこまで速いわけでもないが、戦闘を継続すればするほどスキル「神速」の効果によって際限なく速度が上がっていくという特性を持っている。 ただ、加速していくには何らかの条件を満たす必要性がある描写がされており、加速の度合いも本当に上限がないのか、また戦闘が中断された場合は加速がリセットされるのかどうか、まだ不明な点が多い。 また、「驥足百般」のおかげで学習速度が速く、ライブハウスに潜伏していたたった1日の間だけで現代式の拳闘術とギターの演奏をマスターしている。. Fate/strange Fake 1. リチャード1世 登場 映画 生前におけるライバル。吸血種の同類である魔物に戦いを邪魔された上に自身の部下を殺害されたことで、戦場で相見えるはずだった彼と「山の翁」と手を組み、魔物を討伐した。 2. 手にした物を擬似的なエクスカリバーとする宝具。 3.

リチャード・キンブル - ドラマ・映画『逃亡者』の主人公。 リチャード・ヘンリー・マデューカス - ライトノベル『フルメタル・パニック! マスターと目されているが、彼女が偽りの聖杯戦争への参加を拒んでいるため正式な契約関係とはなっていない。 アサシン 1. 召喚される際に声をかけ同意を得ることで、その者の魂を転写し同行させることができる。英霊の座に記録されている者も呼び出せるが、その場合は本来の英霊としての性能よりも弱体化する。 4. 精神年齢が近いとか言ってはいけない。 2.

ナイフだろうが丸めた紙だろうが、それこそ落ちていた枝であろうがエクスカリバーと化し、光の斬撃を放つことができる。ただし、枝のように得物の強度が脆ければ一発撃っただけで消し炭となってしまうため、連発するためには相応の武器が必要。斬撃の威力も武器の質によって変動するが、どれほどの武器を持ったとしてもオリジナルのエクスカリバーの威力には決して届かない。 4. 彼に敵国であるローマに売られかけ、セイバーを見捨てるどころか敵に金を払ってまで解放させないようにし、さらにセイバーを死んだことにして王座を簒奪しようとした。 3. 偽りの聖杯戦争最後のサーヴァントにして、「真なる聖杯戦争」最初のサーヴァントとなるはずの存在で、偽りと真実を併せ持つ橋渡しとなる英雄。 3.

誕生秘話 『Fateシリーズ』にはいわゆる「セイバー顔」のヒロインが多く登場し、本作作者・成田良悟もセイバーをこよなく愛する武内崇社長から「女性化してセイバー顔にしないか」と熱のこもった提案をされたが、相席していた奈須きのこ氏の「断るならきっちり断わるべきですよ」との助言を聞いて、さすがの成田氏も断ったという。そこまでにしておけよ武内。 「リチャード」とロック まさかのロックスター適性を発揮したリチャードであるが、そのロックの世界にも多数の「リチャード」が存在している。ここでは『strange Fake』とも繋がりのありそうな人物を二人紹介しておく。 一人はリッチー・ブラックモア。ディープ・パープル脱退後に結成したレインボーの代表曲、その名も「Gates Of Babylon」(公式な邦題は「バビロンの城門」)の作曲者の一人でもある。 もう一人はリック・ウェイクマン。『ジョジョの奇妙な冒険』1期ED曲、イエス「Roundabout」でキーボードを担当した人物だが、自身名義ではアーサー王伝説をモチーフとしたアルバムを発表、その名もずばり「アーサー王と円卓の騎士たち」。. シェイクスピアの史劇および派生作品については「リチャード三世 (シェイクスピア)」をご覧ください。リチャード3世Richard IIIイングランド王リチャード3世在位1483年6月26日 - 1485年8月22日戴冠式1483年7月6日出生年10月2日 イングランド王国、ノーサンプトンシャー、フォザリング. 種別:対軍宝具 3. 彼自身は弟を恨むどころか、自身の金遣いの荒さで苦労させてしまった事や、貴族どころか国民にすらそっぽを向かれて失敗に終わったことに関しては哀れみと反省を抱いている。 4. ハロウィンをやるという事で小等部に乱入し、小道具を大量に持ち込んでアーサー王ごっこを提案した。. 下の教会に居るアヤカを守る為に戦いを挑む。彼が持っている宝物の数々には興味津々なようである。 アーサー・ペンドラゴン 1. リチャード3世(英語: Richard III, リチャード1世 登場 映画 1452年 10月2日 - 1485年 8月22日)は、ヨーク朝最後のイングランド王(在位:1483年 - 1485年)。 薔薇戦争の最後を飾る王である。. ロンドン塔で絞め殺された2人の幼い王子の呪いはこうだった: 「お前の夢の中に、リチャード、その胸の中の鉛になってやる!そしてお前を、破滅と汚辱と死に引き摺り込んでやる!甥の魂がお前に絶望と死とを命じるのだ。」 グロスター公リチャード3世のため一番働き、最後に殺されたバッキンガムの呪いはこうだった: 「貴様の頭に王冠を載せるために、誰よりも先に働いた俺だ;そしてその暴虐の最後の餌食となったのは俺だ。おお、明日の戦いには、きっとこのバッキンガムのことを思い出し、罪の恐ろしさに震えながら死んでゆけ!貴様の夢の中には残虐な殺人が現れるがいい。血みどろの死が!気も遠くなるような絶望が貴様の上に、失意の元に息を引き取るのだ!」.

ランク:D〜A+ 2. Fate/strange Fake. See full list on saitoutakayuki. イングランド(ただし、動物の国)の王子で、国王リチャードの弟。勇猛果敢な大男の兄とは真逆の、小柄で了見が狭い子ライオン。重度のマザコンで、「ママ」と言いつつ耳たぶを引っ張りながら親指をしゃぶる癖がある。鬣が未熟で威厳がない(現実でも、人食いライオンで有名なツァボのライオン族が、同地があまりに暑いので鬣が未発達という例外があるが、それとは別にオラつきすぎたりこじらせたライオンも鬣が淋しくなる傾向がある)。 配下の蛇サー・ヒスの催眠術で兄王を十字軍に行かせ、重い税金を取り立てるために各地を巡っているところをキツネのロビンフッドと相棒である熊のリトル・ジョンに襲われ、金貨はおろか身に着けていたローブや指輪を奪われてしまう。それ以降、ジョンは反ロビンの急先鋒である狼・ノッティンガムのシェリフに命じて取締りを行わせるようになる。 その後も、弓の試合を開いた時に罠を仕掛けたり、不敬罪(ジョンを皮肉る歌や劇を行った)ないし納税を怠った罪を犯した民を投獄するなどして生意気な臣民共を取り締まろうとするが、悉くロビン一味によって妨げられた挙句、母上の御城を燃やされて号泣。それから程無くして、帰還したリチャードの登場によって天下を失い、刑に服した。. 29 16:35 “聖杯”で新たな力を手に入れろ!. 容姿はまだ若く、10代後半から20代前半ほどの青年。金髪に赤毛混じりの髪で、「古い西洋の貴族、ないし王族」とわかる荘厳な装束に身を包み、瞳は獣のように爛々と輝いている。 4. 『リチャード三世』(Richard III )は、1995年製作のイギリス映画。主演はイアン・マッケラン。 ウィリアム・シェイクスピアの同名の戯曲を原作とし、時代背景を架空の1930年代に置き換えている。. 魔術や弓矢による援護など、同行させた者は能力・技能による支援を行いセイバーを助ける。「魔術による身体能力の強化」「セイバーの影の中から毒矢を放つ」「エルキドゥの仕掛けた森の結界を看破・踏破する」「魔術的仕掛けを見抜き、光の灯った水球を出す」など多岐多彩なものである。ただし、サーヴァントのように現界させ続けるには莫大な魔力が必要となるため、通常のマスターでは不可能。 5.

リチャード1世とフィリップ2世は、ともに第三回十字軍に参加し、 帰国してからフランスにおけるプランタジネット家領の争奪戦を 繰り広げました。 戦場ではリチャードが勝利するものの、 フィリップ2世は巧みな謀略で対抗しました。. 召喚時に目の前にいたアヤカに自分のマスターかと問いかけるが、彼女からは激しく拒絶されて困惑する。しかし、理由は不明ながら彼女と魔力供給のパスが繋がったため、マスターでなくとも一方的に保護対象とする。 3. アサシンは召喚時にセイバーの本来の召喚者である魔術師カーシュラをすでに殺害しており、彼女に対して振るった軽い一撃でオペラハウスを半壊させ、その罪で誤認逮捕されそうになったアヤカを庇って警察に逮捕される。警察署でアヤカ共々拘留されるが、アサシンの襲撃に乗じてアヤカと共に脱獄し、森でエルキドゥと出会う。死徒の乱入や妙な召喚など、今回の聖杯戦争が異常なことを察しており、アヤカの安全の確保のために、その原因を排除するまでは休戦することを提案。エルキドゥとの腕試しの末に実力を認められ、同盟を結成する。その後現れたアサシンとも一時休戦し、アサシンと共に移動した先の屋敷でウォッチャーのマスターのシグマとも休戦する。その後病院前でギルガメッシュと戦闘するも、アヤカのいる教会を庇い敗北、ペイルライダーによってアヤカと共に「夢の中」に引き込まれる。 人物 1. 『百年戦記 ユーロ・ヒストリア』歴戦の騎士“獅子心王 リチャード1世”が登場!. ヒロイック精神溢れるリチャードは、莫大な軍資金が必要となる十字軍遠征に自ら進んで参加しており、そのために王庫の金やサラディン税、軍役代納金だけでなく、城・所領・官職の売却などあらゆる金策をとって軍資金をかき集めたという。当時イングランドの支配下にあったスコットランドをウィリアム一世に1万マルクで売り渡し、「買い手がつくならロンドンでも売る」と言ってのけた話は有名である。 3.

種別:対軍宝具 3. 血を分けた兄弟。「ジョン」欠地王。度々リチャードの口から存在が言及されていたが、6巻にてリチャードの回想及び発言からジョンと確定した。 2. スノーフィールドのオペラハウスでアヤカの前に姿を表した謎のサーヴァント。 2.

史実におけるリチャード一世はその勇猛さゆえイスラム諸国から恐れられており、伝承では上陸のために船を着ける前に海へと飛び込み、手にした斧で寄せ来る敵兵を片っ端から殺していった話が残されている。また、イスラエル北部のアッコンにて捕虜(女性と子ども含む)約3000人を殺したことから、アラブ地域では言うことを聞かない子供に「リチャード王が捕まえにくるぞ」という脅し文句が生まれた。 3. リチャード1世は当時フランスで城を攻撃中、 敵の矢 を受けてしまいました。 リチャード1世はその時あまりいい医者を連れてきておらず、そのまま傷が腐ってゆき、 10日ほど苦しんだ末 亡くなってしまいました。 この時、 リチャード1世 、 41才 。. 従属する七つの魂の一人であり、セイバーの親友。ロクスレイという名はかのロビンフッドの別名で、ロバート・ロクスレイ。アサシンに匹敵するほどの敏捷性を持つらしい。 2. セイバー自身は気にしていないが、向こうは若干ばつが悪いようである。もっとも、アーサー王フリークっぷりにツッコミを入れたいようでもあるが。 3. ディズニー ロビンフッド ジョン欠地王 リチャード1世 ライオン マザコン ディズニーヴィランズ 愛すべき馬鹿 憎めない悪役 プリンスジョン:表記揺れ ハンス・ウェスターガード-末路が似ている王族の弟 野々村竜太郎- 良く泣く管理職つながり. 翌日祝福を受けたリッチモンド伯は力に満ちて早起きし、敵陣にまっしぐらに向かう。一方呪われたグロスター公は寝坊した挙句、今が何時かもわからない。味方はすでに鎧に身を固めている。 両軍は激しくぶつかり合ったが、修羅のごときリチャード3世も神の正義に破れた。リッチモンドはグロスターを殺した。王座は義しい心でもって統治を誓ったリッチモンドに移された。ヨーク家とランカスター家の争いはここに終わりを見た。 <アマゾン書籍販売リンク> ◯シェイクスピアまとめ→【シェイクスピア】作品・まとめ記事〜感想・あらすじ集. セイバーはよく彼らと会話しており、傍から見ると独り言のように見えている。 6. 人の上に立つカリスマ性と包容力を持ちながらも、悪童めいた稚気と悪戯心も同時に併せ持っている。あらゆる国と時代、全てのジャンルの音楽をこよなく愛し、どんな歌や曲でも聞きたがる音楽好き。 5.

1157年9月8日、オックスフォードでヘンリー2世とアリエノール(アキテーヌ女公)の間に第3王子として誕生。 1169年、フランス王ルイ7世の娘アデル(アデライド)と婚約。 1172年、アキテーヌ公となる。 1173年3月、兄ヘンリー(若ヘンリー王)がヘンリー2世に反乱を起した。母アリエノールはリチャードとジェフリーを兄ヘンリーに加勢させ、イングランドのソールズベリーに監禁される。 9月、ヘンリー2世と和解する。ポワトゥー伯となる。 1179年、フランス王フィリップ2世の戴冠式に出席。 1183年春、ヘンリー2世と結び、兄ヘンリー、弟ジェフリーと戦う。 6月、兄ヘンリーが病死。ヘンリー2世の共同君主となったが、代わりにアキテーヌを弟ジョンに譲渡するよう命じられ、これを拒絶した。 1186年、弟ジェフリーが、フィリップ2世の開催した馬上槍試合での怪我により死去。 1188年、ヘンリー2世とフィリップ2世の和平交渉中、フィリップ2世に臣従の誓いをし、公然と父と敵対した。 1189年、ヘンリー2世が病死し、イングランド王に即位した。ノルマンディー公となる。 母アリエノールの監禁が解かれる。 1190年、フィリップ2世や神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世等と共に、聖地エルサレム奪回(第3回十字軍)へ向け、遠征に出発。皆、大国の王たちだったが、それぞれ思惑があり反目し合った。 先発した十字軍総司令のフリードリヒ1世は次々と武功を挙げたが、キリキアのサレフ河で溺死。 1191年3月30日、母アリエノールがベレンガリアを連れ、シチリアに到着。 5月12日、キプロス島リマソルでベレンガリアと結婚。 7月17日、アッコンを攻略。女性や子供を含むイスラム教徒の市民2,700人を捕虜にし、後に全員処刑した。 オーストリア公レオポルト5世が功績を誇示し城壁に旗を掲げたのをリチャードの側近が叩き落としたため、レオポルト5世は激怒して帰国。遺恨を残す。 7月31日、フィリップ2世は病気を理由に自国へと帰ったため、単独で十字軍を指揮することになる。 10月8日、弟ジョンがロンドンで会議を開き、ウィリアム・ロンシャンを罷免。リチャードが海外で亡くなった場合、ジョンが後継者と決められる。 1192年2月11日、母アリエノールがイングランド入国。諸侯にリチャードへの忠誠を誓わせる。 9月2日、先に帰.


Phone:(819) 418-2848 x 8432

Email: info@uqsf.dragon7.ru